ギフトの心得 - 仏事 -

TOP > ギフトの心得 > 仏事

仏事葬儀・葬式に関するのし・表書きについて

仏事

・黒白(京都を中心に関西、北陸、山陽では黄白)の水引
・結びきり

地方や家によって様々な風習があるので注意が必要です。
一般には、黒白や銀の水引を使い、薄墨で書きます。「のし」は付けません。

<用途例>
志 / 御霊前 / 御供 / 御弔典御仏前 / 御玉串料

仏事用「のし」の種類と『表書き』例

【表書き例 ~仏事に際して】
御 供 御供 御供・お供え物など
粗供養 粗供養 お返し・引き出物の表書き
御仏前 御仏前 四十九日の御供えに
御神前 御神前 神式葬儀で神の御霊に捧げる意味で、神事全般に
御霊前 御霊前 どんな宗教でも使える表書き「御霊前」
浄土真宗以外の仏教では、四十九日の忌明け後の法要までは「御霊前」
志・七七日(四十九日)志 香典返しに・どの宗教でも
浄土真宗以外の仏教では、四十九日の忌明け後の法要までは「志」
忌明志・満中陰志 四十九日が明けた際のお返しに

のしの豆知識

  • 熨斗(のし):「のし」は、相手の幸せを祈る「アワビのし」を模したものです。「伸ばす」という意味もあります。
  • 水引(みずひき):水引は、贈り物を結ぶ紐。繰り返し祝いたいことには、蝶結びにするなど、結び方にも贈る心を表現します。
  • 表書き(おもてがき):どんな贈り物? それをしるしたものが表書きです。贈る気持ちを字に込めて様々な表書きが使われます。

ページの先頭へ戻る